歯科衛生士の役割

歯科衛生士はお口の健康を願って、歯科医院や行政、企業などにて

「セルフケア」「専門的口腔ケア」を担当しています。

 

高齢社会にむけて歯も長生きできるように、

各ライフステージにおける口腔の健康を守ります。

 

歯科予防について

Happy smile笑顔のために

 

「生きる力」となる「食べる力」

噛む力→脳への刺激、幸せ感、心のケア

 

「8020運動」ハチマルニイマルって何?

80歳になっても自分の歯 を20本以上保とうというもの

ちなみに母もがんばって維持しています。


セルフケア
プラークを残さない磨き方

歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目など汚れ

歯間ブラシやデンタルフロス等が強い味方!

染め出し剤で残っている部分を見つける。

やさしい歯科衛生士の指導もどうぞ!

 

かかりつけ歯科医
定期的に歯の健診、相談で安心です。

ムシ歯や 歯周病の早期発見、早期治療。

 

地域歯科保健活動
地域における歯科医、歯科衛生士の活動

1. 1歳6カ月児・3歳児 歯科健診、予防活動
2. 保育園、幼稚園、学校 での歯科健診
3. 職場、地域での歯科健診
4. 休日救急歯科診療
5. 心身障害者歯科保健活動
6. 在宅寝たきり老人訪問歯科保健活動
7. 歯科保健教育、相談事業

 

気軽に歯科医師や歯科衛生士にご相談ください。